脱!公務員ブログ

元地方公務員(市役所職員)のSEが、自身の体験を元に公務員の実態や役立つ知識や経験談、IT関連の技術的な情報、美味しいお店の情報、趣味(野球、音楽、ゲーム、麻雀)に関すること、私自身の波乱に満ちた人生経験について発信します。記事を読んだ後は少し知識が増えて、笑顔になれる(ネタ要素満載)、そんなブログですので是非お立ち寄り下さい♪

【INFJ(提唱者)式自己暗示】開戦前夜のあの感じ

 なりたい自分を描いている。 

 映画の主人公やミュージシャンに憧れ、真似しようとする。

 でも、現実の自分はなんと情けないものか。

・他人の言葉に一喜一憂

・自分の言葉に、誤解を恐れ

・溢れだす過剰な自意識

・崇高だと思われた理念も結局、正体は性的衝動

 理想の自分であれば気にも留めないような、ちっぽけな穴に足を取られ、自己嫌悪に捕らわれた、なんと醜い姿。

 主人公のように、「世界を救いたい」とか「あの娘を救い出す」とかの類の悩みであれば格好がつくことだろう。

 でも、俺が悩んでいるのは「嫌われたらどうしよう」とか「あの娘、誰かと楽しそうに話していたな」とかそんなもん。

 今日は週末、朝は清々しかった心の中にも、夜には淀んだ水が溜まっている。

 テレビの前に寝そべっているだけ、まったく起こらんやる気、脱力感、空白の脳。

 これらの原因は、すべて些細なことから生じる情けない不安と自己嫌悪のヘドロ。

 部屋の中でヘドロにまみれている状態。

 でも大丈夫。

 俺は知っている。

 このヘドロが可燃性であることを。

 火さえ着ければ、状況はたちまち一変する。

 この部屋は一瞬にして業火に包まれる。

 激しい衝動、高揚感、活性化する脳内細胞

 書くこと、描くこと、弾くこと、撮ること、創ること、作ること、 

 火のつけ方は人それぞれ。

 生ごみ同然の「情けない不安」も「自己嫌悪」も燃やしてしまえば、狂熱になる。

 さあ、今宵も私の部屋とあなたの部屋にヘドロが溜まってきた。

 あとは、火を着けるだけ。 

 この感じ、なにかに似ている。

 静寂ではあるが、何かが底でうごめいている感覚。

 そう、「開戦前夜のあの感じ」

※本記事は、INFJ(提唱者)ブロガーのhanmanが、何もせずに終わった週末の夜に、ZAZEN BOYSの楽曲を聴きながら書きました。

(関連記事)

www.withdrawal-civilservice.com

※INFJ(提唱者)にご興味のある方は、こちらの記事もおススメです✨

www.withdrawal-civilservice.com

www.withdrawal-civilservice.com