脱!公務員ブログ

元地方公務員(市役所職員)のSEが、自身の体験を元に公務員の実態や役立つ知識や経験談、IT関連の技術的な情報、美味しいお店の情報、趣味(野球、音楽、ゲーム、麻雀)に関すること、私自身の波乱に満ちた人生経験について発信します。記事を読んだ後は少し知識が増えて、笑顔になれる(ネタ要素満載)、そんなブログですので是非お立ち寄り下さい♪

【INFJ(提唱者)日記】罪と蛸

令和6年5月30日(木)雨

今日は、ほとほと疲れる1日だった。

早朝のブレイクタイム(我々の世界では、始業が深夜なので常識である)を楽しんでいると、どっかの海の蛸〈たこ〉が陸に上がってきて、

「俺の罪を証明しろ」

と番号札をとった。

私は一瞬戸惑ったが、持ち前の起点を利かせ、4番目の机の一番左の引出しから小学館出版の「海の生き物図鑑」を取り出した。

早速、索引で「タ」のページを探して開いたが、そいつの罪についての記載は無かった。

そのことを蛸に伝えると

「では、私が無罪であることを証明しろ」

と言ってきた。

私は呆れ果てて、

「自分の罪は己の心に聞いてくれ」と返すと、

蛸は

「我々の世界では、他己証明が基本なんだ!」

と絡みついてきた。

明朗な読者の方ならば、既知の事実であろうが、

「無いことを証明する」ということは、この世で2番目に難しい。

「無い」ことを証明するには、すべての「有る」という可能性を潰さなくてはならないのだ。

ほとほと困り果てた私は、「罪」の保管場所を探そうとして、さらに途方にくれた。

一体「罪」はどこに発生するのか?

自分の心か、他人の心か、はたまた裁判所か?

そして、半ばヤケクソでこう言いった。

「お前の罪は、お前自身が墨で塗りつぶしたから他人が知るはずないだろうが!」

「自分の罪ぐらい自覚しろこのタコっ!ふにゃふにゃ頭!!」

奴は顔を真っ赤にして海に帰って行った。

その後、廁で鏡を見ると、俺の顔は真っ黒だった。

※この物語は、INFJである筆者が現実の体験を基に書いた日記のような空想である。

思ったこと

人が「罪」を後悔するのは、いよいよ悪事が露見しそうになった時である。

つまり、罪悪感とは、悪事が「明るみに出ることの恐れ」でしかない。

よって「罪」は、他者からみなされて初めて発生する

もし、自分の心の中に「罪」が発生するのであればどんな世界になるだろうか?

おそらく、それまで自分の罪を自覚していなかった「すぐに被害者面して涙を流す輩」「不当に権利を主張し続ける輩」は一掃されることだろう。

本日のおすすめ曲

バ ン ド 名 :ゆらゆら帝国
ア ル バ ム :Sweet Spot
曲    名  :タコ物語
作    詞  :坂本 慎太郎
好きな歌詞:「うそ ほんとは 食べてみたい」


※INFJ(提唱者)にご興味のある方は、こちらの記事もおススメです✨

www.withdrawal-civilservice.com

www.withdrawal-civilservice.com