脱!公務員ブログ

元地方公務員(市役所職員)のSEが、自身の体験を元に公務員の実態や役立つ知識や経験談、IT関連の技術的な情報、美味しいお店の情報、趣味(野球、音楽、ゲーム、麻雀)に関すること、私自身の波乱に満ちた人生経験について発信します。記事を読んだ後は少し知識が増えて、笑顔になれる(ネタ要素満載)、そんなブログですので是非お立ち寄り下さい♪

MBTIタイプで打線組んでみた

この記事はMBTIのタイプごとのイメージで、野球の打順を組んでみた記事です。

MBTIのタイプについて色々と調べていたところ、急に思いついたので勢いで書いてみました。

筆者の独断と偏見ではありますが、MBTIの全タイプに役割を与えてみたのでコーヒーブレイクのお供にどうぞ!

MBTIタイプで打線組んだらこうなった

  • 1番 センター ENTP(討論者)
  • 2番 ショート ESFP(エンターテイナー)
  • 3番 セカンド ISTP(職人)
  • 4番 サード ENFJ(主人公)
  • 5番 ピッチャー ESTP(起業家)
  • 6番 ファースト ESFJ(領事官)
  • 7番 レフト ISFP(冒険家)
  • 8番 キャッチャー ISFJ(擁護者)
  • 9番 ライト ENFP(広報運動家)

 

【番外編 他タイプの役割】

  • 監督 ENTJ(指揮官)
  • ヘッドコーチ ESTJ(幹部)
  • 二軍監督 ISTJ(管理者)
  • スコアラー INTP(論理学者)
  • トレーナー INFJ(提唱者)
  • 解説者 INTJ(建築家)
  • 野球ファン INFP(仲介者)

打線の考え方について

先ほどの打線のオーダーと役割について、各タイプ別になんでそう考えたかってところを解説します。

1番 センター ENTP(討論者)

ENTPは機転が利くし革新的なタイプなので、トップバッターとしてふさわしいタイプだと考えました。

ENTPはワンパターンじゃなく、あの手この手で相手チームをひっかきまわし、出塁してくれそうなイメージがあります。

それでもってプレッシャーをあまり感じないタイプでもあるので、切込み隊長としては適任です。(龍が如くの真島吾郎みたいな感じ)

守備のポジションは縦横無尽に動き回れるセンターがいいかなと考えました。

2番 ショート ESFP(エンターテイナー)

ESFPは陽キャですしチーム内のムードメーカーになるので、チャンスメーカーとしての期待を込めて2番にしました。

ESFPがチーム内にいると、チーム全体に活気が生まれそうです。(ハンターハンターのゴンみたいな感じ)

ESFPは手先も器用ですし、俊敏な動きを見せてくれるでしょう。

また、臨機応変なタイプでもあるので、ケースバッティングが上手そうなところも評価ポイント。

守備のポジションはショートにしました。

ピッチャーへの声掛けも含めて活躍してくれそうなイメージです。

3番 セカンド ISTP(職人)

クリーンナップである3番はISTPにしました。

ISTPはいつも冷静で、たしかな実力を持った仕事人なイメージがあります。(龍が如く桐生一馬みたいな感じ)

守備も抜かりなくこなしてくれそうなので、セカンドにしました。

チャンスであってもプレッシャーを感じずに、しっかり得点してくれそうな頼りがいのあるバッターのイメージです。

4番 サード ENFJ(主人公)

主人公の名の通り、みんなの期待に応えてくれそうなのでENFJを4番に抜擢しました。

ミスターのイメージなので、4番だしサードにしちゃえ!ついでにキャプテンも任せてしまえ!と勢いで決めたところもあります。

ENFJは他人の面倒見がとても良くて優しいところがあり、頼りがいもあるので精神的支柱として活躍してくれそうなイメージです。(FF8ラグナっぽい感じ)

5番 ピッチャー ESTP(起業家)

ESTPは我が強いヤンキーのようなイメージがあるので、ピッチャーとして思う存分暴れて貰おうと思いました。(投手は我の強さが大事)

そして頭も切れるし行動力もあるので、クリーンナップをこなせるだけの実力を持っているイメージです。(キングダムの信とか)

6番 ファースト ESFJ(領事官)

ESFJは優しいお母さん的な包容力を持ち合わせており、内野が悪送球を投げてもなんでも取ってくれそう、というイメージでファーストにしてみました。(俗にいうあらあらまあまあ的なキャラです)

そして打順は、ESFJに対して俊敏ではなくおっとりしたパワーヒッターのイメージが湧いたので、6番が適任かなと。

7番 レフト ISFP(冒険家)

プレッシャーもなく自由に打てる打順なので、7番をISFPにしました。

ISFPは細かい指示を出すより、思った通りにプレイさせると持ち味を発揮してくれそうなイメージ。

守備面も細かいプレーが無いレフトのポジションにしてみました。(なんとなく他のポジションをカバーするイメージが湧かなかった)

8番 キャッチャー ISFJ(擁護者)

ISFJは縁の下の力持ち的な存在なので、キャッチャーが最適でしょう。

ピッチャーESTPのオラオラした態度にもめげず、色々考えてピッチャーの機嫌を損ねないようにサインを出してくれそう。(苦労かけてすまんな)

細かいプレーも得意ですし、我慢強く忍耐力も持ち合わせているのもポイントです。

ISFJは目立たないけど、チームにいたらありがたい存在になるイメージです。

9番 ライト ENFP(広報運動家)

1番につなぐ役割として、9番をENFPにしました。

ENFPはすばしっこくて俊足巧打のイメージ。

ENFPも明るくて陽キャなので、チャンスメーカーとして持って来いだと思います。(勢いでチャンスメークしてくれそう)

すばしっこいので守備のポジションはライトにしました。

番外編 他タイプの役割

オーダーに含まれていないMBTIについて、それぞれ役割を与えてみました。

監督 ENTJ(指揮官)

指揮官の名の通り、視野の広さと合理性を持ち合わせているので監督適性は高いです。

人の適性を見抜く力もあるので、試合の状況に合わせてベターな采配もできるでしょう。

ENTJは極度の実力主義でもあるので、結果を出せない選手を容赦なくスタメンから外してきそう。

ヘッドコーチ ESTJ(幹事)

ESTJは鬼軍曹のイメージなので、ヘッドコーチが適任です。

持ち前の合理性で厳しく選手を育てるストイックなコーチになるでしょう。

厳しいだけでなく面倒見も良いので、何気に選手から慕われるコーチになりそう。

二軍監督 ISTJ(管理者)

ISTJはとてもキッチリしているので、中間管理職が良く似合います。

そのため、二軍監督として一軍の状況を見ながら選手を育てたり、一軍の指示に従ってチームのためにあれこれ行動してそうなイメージが湧きました。

スコアラー INTP(論理学者)

データの分析でこのタイプの右に出る者はいないでしょう。

INTPは地頭がとても良く、研究者のようなイメージがあります。

INTPをスコアラーにすると、膨大なデータから作戦を立案したり、配球の癖を見抜いたりしてくれそうです。

トレーナー INFJ(提唱者)

INFJはサポーターなイメージなので、トレーナーにしました。

INFJは持ち前の優しさを駆使して、選手のメンタル面を含めたサポートを行ってくれそうです。

INFJは他人の感情を把握するのが得意なので、選手にとってとても良い聞き役になるでしょう。

解説者 INTJ(建築家)

INTJはとても合理的かつ批評家なところがあるので、解説者として存分にダメ出ししてほしいです。(INTJの例:コードギアスルルーシュなど)

他人にケチをつける時、このタイプに匹敵するのはENTPぐらいなものでしょう。

野球ファン INFP(仲介者)

INFPタイプは数がとても多いので、野球ファンにしました。

熱心に球場に通って、選手のグッズに金を落としてくれそう・・・

あとがき

思いつきで書いたMBTIタイプで打線を組んでみたの記事でした!

MBTI診断は下記の記事内のリンクからできますので、自分がどのタイプかわからない方は診断してみてくださいね。

www.withdrawal-civilservice.com

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

★ENTJから見た他タイプとの相性

www.withdrawal-civilservice.com

★MBTIのランキング記事リンク集

www.withdrawal-civilservice.com

www.withdrawal-civilservice.com

www.withdrawal-civilservice.com

www.withdrawal-civilservice.com