脱!公務員ブログ

元地方公務員(市役所職員)のSEが、自身の体験を元に公務員の実態や役立つ知識や経験談、IT関連の技術的な情報、美味しいお店の情報、趣味(野球、音楽、ゲーム、麻雀)に関すること、私自身の波乱に満ちた人生経験について発信します。記事を読んだ後は少し知識が増えて、笑顔になれる(ネタ要素満載)、そんなブログですので是非お立ち寄り下さい♪

【INFJ(提唱者)のヤバい性格】理不尽な不幸を待つ理由

 INFJ(提唱者)は、【過去】に縛られている。

 厳密にいうと【未来の過去】に拘束されている。

 これから、発生しうる後悔を取り除くことに神経をすり減らしている。

 後悔には2つのパターンがある。

 1つ目は「余計なことをするパターン」であり、挑戦することにより生じたリスクが失敗の原因となり、後悔を生む。

 2つ目は「やるべきことをやらなかったパターン」であり、怠惰が原因となり成功を逃すことで、後悔を生む。

 だから、無理な挑戦はせず、周りと比べて遜色のない程度に努力する必要がある。

 これはすべて、後悔の過去を作らないためである。

 後悔の過去を作らないために、常に自分を監視し、時には罵倒し、生きている。

 【今】という時間は、【後悔の過去】を作らないことに注意が向けられている。

 【未来】という時間は、【後悔の過去】を作らないための準備に費やされている。

 だから、欲する。「理不尽な不幸」を

 自分の努力や真面目さを、
 台無しにしてしまうような、
 帳消しにしてくれるような、
 運が悪かったと自分を納得させられるような、
 どうしようもない不幸を。

 できない理由とやらなかった理由になる、
 「やっても、やらなくても意味なかったね」
 と言える都合の良い不幸を。

 この世を去る時、なんと思うだろうか。

 後悔の無い「良い人生」だったと思うだろうか。

 たぶん、思わない。

 私には、【未来】も【現在】もなかったと気づくだろう。

 過去のために生贄にしてきた、【未来】と【今】を悔やむだろう。 

 我々が真に望んでいた理不尽な不幸とは、
この世からの「強制退去」であったのかも知れない。

 なんて理不尽な世界だ。

 懸命に生きてきたのに、真の望みは対極にあったなんて。

 誰が悪い?何が悪い?

 「後悔の無い過去」が全部悪い。

 じゃあ、もういいよ。気にしない。

 やっと楽になった。

 それでは、

 『戦闘、開始。』

 あなたにも聞こえるだろう。

 恋と革命のため、理不尽に生きることを決めた、あの女の声が。

本日のおススメ曲

バ ン ド 名 :ハヌマーン
作   詞   :山田亮
曲    名  :反撃開始
好きな歌詞:「狂熱の躍動を以って 濁点を帯びる鉄線が 反撃の号砲の様で 俺は呼吸速める」


www.youtube.com